忍者ブログ
ポリネシアンセックス普及のため、日々 頑張っているAyakaのブログです♪
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ポリネシアンセックスの事を考えていると

 ふと 旅行にいきたいなぁって思っちゃいました。

南太平洋諸島のポリネシアへ

どんな人たちが暮らしているのだろ?って

きっと のんびり スローライフなんだろうなぁ

私も ポリネシアンセックスを実践する前は

いつも時間に追われているライフスタイルだったんだけど

実践後は 心が満たされ

いろんな事に対して余裕が生まれてきました

すべての面で良い方向に向かって行ってると感じます

なので がんばって ポリネシアンセックスを普及させたいです。


PR
 何かこの歳になって、やっとママに感謝できるようになった気がする

今までは親のありがたみなんて わからなかったのに

自分が満たされるようになると 人に優しくなれるんだなぁ

そんなことをふと 思いましたw
最近よく聞く不妊症...

私的には絶対にセックスで感じる快感が 関係あると思ってます

すごい納得できる記事を発見したから 参考にしてね♪

気持ちのいいセックスをして興奮が絶頂に達した状態を
オーガズムといいます

このオーガズム、実は妊娠するための大きなポイント!

女性の膣は通常締まっていますが、オーガズムに達すると
膣の奥が風船みたいに広がります これがいわゆる
「バルーン現象」と呼ばれる状態です

バルーン現象により膣口が広がり精子を子宮に送り込もうと
働きかけてくれます。

また、膣内に射精された精液が膣外にもれにくくなるという利点もあります。

射精後はすぐに離れてしまわないでおきましょう。

さらに、離れてしまった後もすぐにお風呂に入ったりせずに、
両脚をしっかり閉じたまま数時間仮眠をとることをおすすめします。

腰に枕を入れて少し腰を高くしておくとより効果的です。

ね!?
やっぱりそのときの気持ちが大事だってことじゃない!?

ポリネシアンセックスは、子づくりにも 一役買ってくれそうね☆
Ayakaのプロフだよ♡
HN:
Ayaka
年齢:
33
性別:
女性
誕生日:
1984/09/02
職業:
サロン勤務
趣味:
ポリネシアンセックス
自己紹介:
こんにちわ

都内でセラピストをしている
Ayaka♡です

セラピストといっても
Ayakaの場合は、心ない男性に
傷つけられた女性の心身を癒す
仕事です☆

言葉による暴力、DV、愛のないSex...

力だけで女性を従わせようなんて考え方、
Ayakaは絶対に許しません

女性が心身ともに美しくなる為に...
パートナーである男性の優しさが本当に必要なの

Ayakaがオススメするのは、最近話題の
ポリネシアンセックス

以下はウィキからの抜粋



様々な流儀や方法が在るものと考えられる。以下は一例である。

スローセックスにも類似。

性行為は5日に1回程度とし、残りの4日は性器を刺激しない
愛撫だけにとどめ気分を高める。

前戯に最低1時間かけ、また陰茎の膣への挿入後 30分は
ピストン運動を行わず抱擁や愛撫に留める。

オーガズムがあった後も、性器を結合させたまま抱き合う事でより気分を高める。

セックスの前にはたっぷりと食事をとらない。

ゆっくりできる日の午前中がおすすめの時間帯
固定電話機の受話器を外す、携帯電話機の電源を切るなど、
行為に集中できる環境をつくる

最適体位は、互いの骨盤をつける。女が仰向けになり、
男は右をベッドにつけ、半身を起こす。互いの脚はからませる。

男の左脚は女の両脚の間にはさむ。女の左足は男の腰の左にのせる。

射精よりも精神的な交わりを重視したセックスで、
通常男性のオーガズムは数秒しか持続しないが、この方法では
長時間のオーガズムが感じられるという。




これを日本人男性は全員身につけるべきでしょw

パートナーを幸せにしてあげたい、と思ってる人なら
男性にも女性にも絶対オススメだよ☆

興味のある人は、このサイトで勉強してみてね♪

http://polynesiansex.sumomo.ne.jp/

男性は自信を取り戻せるし
女性は本当に美しくなれるの...

もちろん、その他の悩みなんかも随時受付中です♪

料金は初回は無料です

ただし、Hなお誘いやしつこい人はゴメンナサイ

メッセージ、返したいけど多すぎて返せません

Ayakaと絡んでくれる人はマイミクになってね

リアルに会おう!っていう人も、その気はないで〜す☆

Twitterやってま〜す

Ayakahimeで検索してみてね☆

どんどんフォローしてね
忍者ブログ [PR]